おうち焼肉でお肉に下味を上手につける方法とコツ

焼肉 下味

おうち焼肉 下味をつける方法、レシピ

おうち焼肉では、お肉にあらかじめ下味をつけることも楽しめます。

勿論、下味をつけなくても十分にお肉の味を楽しめますし、下味はつけない派の人もいるでしょう。

しかし自宅でするおうち焼肉では、どうしても同じお肉を食べ続けることが多くなると思いますし、

楽しみのバリエーションが多い方がいいのは確かです。

なので、普段下味をつけない派の人も是非色々試して、新しいおうち焼肉を見つけてくださいね。

 

おうち焼肉 下味を付ける方法レシピ

定番はごま油、塩、コショウ、ニンニクなどです。

おうち焼肉 味付け

 

おうち焼肉でごま油を下味に使うメリット

お肉の乾燥を防ぎ、ごま油と一緒につけている下味付けの風味がお肉に染み込むのを助ける働きがあります。

よく、お肉の冷凍保存をするときにサラダ油やごま油につけるレシピがありますが、

こちらも乾燥を防ぐ目的でもあります。

ごま油にはゴマならではの深く上品な香りがありますので、一気に焼肉店の感じが出ます。

 

おうち焼肉の下味に塩を使うメリット

おうち焼肉の下味にどんな塩を使えばいいでしょうか?

一般的には、塩そのものの情報サイトでリサーチした結果では、岩塩などよりも食塩がいいそうです。粒子が細かく、味がなじみやすいことからのようです。

塩を使うことでそのものの味を引き出すことはできます。

ただ、使いすぎるとお肉そのものの水分が出てきてしまい、焼いたときにぱさぱさになってしまいます。

また、下味を濃くつけすぎることでお肉そのものの味が感じにくくなるでしょう。

下味を塩分でつけるときは気を付けてください。

 

おうち焼肉の下味でニンニクを使う

おうち焼肉で、下味を付けるときにニンニクを使うのは多くの人がとる方法です。

ニンニクは塩分を濃くせず、風味を足すことができます。

また、お肉の臭みをうまくかき消し、ニンニクの深い香りに馴染ませます。

こういう働きから、ホルモンの焼肉のお肉の下味に使われたり、

ラム肉の下味を付ける定番の食材とも言えます。

 

勿論、どんなお肉の下味にも合います。

唯一デメリットを付けるとしたら、口臭の原因になるという点ですが

おうち焼肉をするのに、口臭を気にするなんてナンセンスです。

 

おうち焼肉、全力で楽しもうぜ~

 

おうち焼肉 下味を付ける一番ラクで簡単な方法レシピ

ここまで色々書いてきましたが、最後のまとめに一番ラクで簡単な焼肉の下味をつける方法を挙げます。

おうち焼肉 下味に焼肉のタレを使う理由

おうち焼肉 下味
下味、レシピ、などと並べるとこのような面倒な工程を積んでいかないと美味しいおうち焼肉は叶わないの・・・?と思われたかもしれませんが、

大半の方はお肉を焼く前30分前に市販のタレに漬け込み、下味を付けているのではないでしょうか?

あるいは、お皿にお肉を並べ、その上に市販の焼肉のタレをダラ~っとかけまわし、

焼く前に色々準備をしている時間でいつの間にか30分くらいたっている・・・それで充分とも言えます。

おうち焼肉は ラクして 美味しく!

言うまでもなく、市販の焼肉のタレには上記のようなポイントの食材は使われていますし、

他にも人間の舌でうまみを感じるよう仕込まれています。

グルタミン酸という成分がそれに当たります。
小学生のころ、家庭科の授業で習ったアレですね!覚えていますか?

 

おうち焼肉の下味におすすめの焼肉のタレ

下味専用の焼肉のタレはスーパーでは見かけたことは無いですよね。

通販でもあまり見ません。

筆者個人の見解ですが、通常のおうち焼肉の下味を付けるときは

通常の焼肉のタレでいいと思います。

最近は焼肉のタレメーカーが漬け込み焼肉と呼んでいたりもします。

漬け込み焼肉、タレ と検索すると色々出るかと思いますが、その中でも良さそうなのは

★★エバラ 焼肉のタレ★★

 

この焼肉のタレは、メーカーサイトでも漬け込み焼肉におすすめと言っています。

→ 他にも、おすすめの焼肉のタレをここで紹介していますのでチェックしてみてください

 

また、下味を付けるときに使う焼肉のタレを選ぶときは、お肉を柔らかくする成分がしっかり入っているものを選ぶのもポイントです。

 

→ ランキング形式で紹介されている焼肉のタレも参考にしてみてくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました